日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

レーシック難民のための駆け込み所-治療を行う病院・クリニックはあります

      2015/11/05

「レーシック難民」という言葉が、もはや一般的に定着している現状になっています。その意味としては、レーシック手術を受けた後、その合併症・視力障害により日常生活に支障をきたす状態ということでしょう。

「レーシック難民」と呼ばれるほとんどの方が、「過矯正」と呼ばれる、遠視で手元が見づらい状態や、不正乱視と呼ばれる、手術により乱視が発生してしまった状態ではないかと考えられます。

特に、「過矯正」で手元のものが見えなくなると、本を読むことも困難で、見えづらさで頭痛などの症状が起こりやすいと言われています。さらには、老眼が始まった段階でレーシック手術を受けると、さらに悪化してしまう可能性があるようです。

こうした状態を改善するための病院・クリニックがあるそうです。

たとえば、「錦糸眼科・レーシック難民(過矯正)の再手術」などや、「レーシック手術 | 手術のリスク」「レーシックの再手術は可能?成功率は?」などにも情報はありますので、ご参考にしていただければと思われます。

再手術を行ってもらえるか、合併症とどう付き合っていくのかといったことを考えることも重要であり、もしレーシック後の合併症でお困りの方がいらっしゃる場合、リンク先にあるような医療機関にお問い合わせいただければと存じます。

 - 医療