日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

『ハリー・ポッターと賢者の石』で、魔法銀行の「713番金庫」からハグリッドが持ち出したものは何?

   

ハリーは、魔法銀行にハグリッドとともに行き、そこで金庫からお金を引き出します。その一方で、ハグリッドはダンブルドア校長の手紙を渡した後、別の金庫である「713番金庫」から何かを取り出しています。

そしてハリーに「いいか、これは秘密だよ」と言っています。取り出したものは、「賢者の石」でした。ヴォルデモートが賢者の石を狙っていると事前に察知したダンブルドア校長が、持ち出して学校に保管しようと考え、ハグリッドに指示して持ち出させたのです。

.

後に、魔法新聞でハリーは、「魔法銀行に銀行強盗が入り、713番金庫を開けさせたが空だった」と読みます。ハグリッドが持ち出さなければ、盗まれていたということですね。もちろん、銀行強盗を働こうとしたのは、ヴォルデモートが憑り付いているクィリナス・クィレル先生だと考えられます。

ちなみに、ハリーの金庫は687番、シリウス・ブラックの金庫は711番金庫となっています。713番金庫については、所有者名などは明らかとなっていません。

 - 映画