日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

ぎっくり腰・腰痛への対処法-タオルを腰の後ろに[健康カプセル!ゲンキの時間]

   

2016年12月4日放送のTBS系の番組『健康カプセル!ゲンキの時間』で、「腰痛は生活習慣病!効果テキメン!腰痛改善法」と題して腰痛対策の内容が特集されるそうです。

その中で、腰痛が起こっている際、その痛みを緩和させる寝方が紹介されるようです。仰向けで寝ていると、実は腰が浮いた状態となっています。そのため、無意識に「腰を浮かせよう」となってしまうようです。

結果、「脊柱起立筋」という背中の筋肉が張ってしまい、腰痛がなかなかよくならない、ということになってしまうとのこと。そこで、腰とベッドの間にある隙間に、バスタオルのなどを置いて「間を埋める」ようにすると、脊柱起立筋を緩めることができ、腰痛緩和に役立つそうです。

なお、これは座っているときも同様な効果があり、クルマの運転時にバスタオルやクッションを噛ませてあげるだけでも痛みが軽減します。簡単にできる方法ですので、腰痛にお悩みの方は、ぜひお試しいただければと思います。

 - 健康カプセル!ゲンキの時間