日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

可視光投影装置(Medical Imaging Projection System:MIPS)

   

可視光投影装置(Medical Imaging Projection System:MIPS)とは、京都大学とパナソニック株式会社AVCネットワークス社により共同開発された、プロジェクションマッピングの応用技術のことです。

プロジェクションマッピング技術を応用し、画像を臓器に直接投影することにより、腫瘍の位置などを正確に把握・確認しながらの手術が可能となり、肝腫瘍による手術などに応用されています。

まずは術前、患者さんに近赤外光で蛍光を発する色素インドシアニングリーン(ICG)を注射し、腫瘍にICG色素が取り込まれた画像を撮影します。その画像を手術中の肝臓に照射し、リアルタイムで追従させることが可能とのことです。

たとえ臓器が動いたり、手術による臓器の変形があっても、誤差なくずれを生じさせず照射し続けることが可能となっています。

肝腫瘍だけでなく、乳癌に対するセンチネルリンパ節生検、肺腫瘍に対する肺切除、肺移植などに対し応用が期待されています。

関連記事: 「ドクターX 外科医・大門未知子 第8話」あらすじ・ネタバレ

 - 医学用語