日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

radikoでラジオ番組を1ヶ月聴きまくるとどれほどの通信量になるか試算してみた

   

radikoがタイムシフトに対応し、1週間前に遡って番組を聴くことができるようになりました。通勤・通学中に聴かれる方も多く、ヘビーリスナーの方々は、ますます「ラジオを聴く時間が足りない!」という状態になっておられるのではないでしょうか。

ですが、そこで気になるのが通信制限です。auであれば、7Gバイトという上限を超えてしまうと制限がかかってしまい、「早く来月にならないかな」などとお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは、私がよく聴く番組と、そのデータ通信量を列挙していきたいと思います。なお、radikoですと、1時間で約30Mバイトを消費するそうですので、1時間 30Mバイトで計算しております。

TBSラジオ
伊集院光とらじおと:放送時間 2.5時間 75Mバイト
たまむすび:放送時間 2.5時間 75Mバイト
ハライチのターン!:放送時間 1時間 30Mバイト
JUNK(伊集院光 深夜の馬鹿力、爆笑問題カーボーイなど):放送時間 2時間 60Mバイト

ニッポン放送
ビバリー昼ズ:放送時間 1.5時間 45Mバイト
オールナイトニッポン:放送時間 2時間 60Mバイト

これらを毎週(伊集院光とらじおと、たまむすび、ビバリー昼ズは月-金、オールナイトニッポンは月-土)聴いた場合、1665Mバイト=1.665Gとなり、1ヶ月で約6.66Gバイトとなってしまいますね。

これだけで、残りの通信量は300Mバイトちょっととなり、かなりキツイですね。YouTubeを観ようものなら、すぐにアウトです。

もちろん、全てを4G通信だけで聴くわけではなく、自宅のWi-Fiで聴くこともありますので、6.4G丸々を消費してしまうということはないでしょうが、気をつけたほうがよさそうですね。

 - モバイル