日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

医師国家試験で学んだ「膨大な出題範囲の試験」に合格するための3つのポイント

   

医師国家試験の出題範囲は、本当に膨大です。内科(消化器、呼吸器、血液、膠原病、代謝・内分泌、神経)や、外科、脳外科、整形外科、精神科、泌尿器科などのそれぞれの科の知識、そして解剖学や免疫学などの臨床以外である基礎の問題も出題されます。

要は、医学部卒業するまでの6年間(一般教養が2年間はありますが)で勉強する内容が、全て出る可能性がある、ということです。

択一試験なので「どれか選べば当たるだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、似たような選択肢もあったりして、「知らないと解けない」内容になっています。

そんな膨大な出題範囲の医師国家試験対策をする中で、自分なりに気づいたポイントがありました。そのようなポイントを、今回は医学生以外の方々に向けてお知らせしたいと思います。

1) とにかく過去問を解きまくる

これは、資格試験や大学入試対策のハウツーで、よく出てくる方法ですね。まずは過去問を解くことでどのようなパターンやポイントがあるのか慣れ、そして徹底的に分析することが重要です。

そもそも、出題者も、あまりに突飛な問題を出題して、批判されたくないという事情があるでしょうから、過去問に似た問題になるのは、当然の結果でしょうね。さらに言ってしまえば、難問・奇問の類は、膨大な出題範囲・膨大な問題数のあるテストでの中では、あまり重要視しなくても良いでしょう。

過去問を一度全て解き終わると、2周目に入ります。3周目、4周目・・・と繰り返していくうちに、そのスピードは格段にアップしていきます。

2) 間違った点や重要な部分はノートではなく「メモ」をとる

綺麗なまとめノートを作っているのでは、時間がいくらあっても足りません。そのため、重要なポイントはメモ帳などにメモをとるようにします。自分だけが見るものですから、自分が見て分かる程度のメモでOKです。

また、メモ帳に書くと、空き時間にサッと取り出して見ることができるので、「繰り返し見て記憶する」ということに便利です。ちなみに、私はポリクリ(臨床実習)のときに使っていたメモ帳をそのまま流用してメモを取り始め、試験前日までに7冊のメモ帳を消費しました。そのメモ帳を試験会場にもって行き、休憩時間に眺めていました。

ちなみに、過去問やテキストなどには、マーカーなどで線を引くのは好ましくないと思います。「マーカーで線を引いて、覚えた気」になってしまう可能性が大きいためです。また、問題文の線や書き込みを頼りに、解いてしまうくせがついたりするので、過去問やテキストは汚さないようにしましょう。

3) 記憶ではなく「理解」優先、それ以外には「記憶のフック」をつける

そのままお経のように記憶していくのでは、必ず限界がきます。そのため、「どうしてこの病気ではこの症状が起きるのか」「この病気にこの治療はどうして必要なのか?」と、子供のように「どうして?」「なぜ?」と問いかけるようにして、理解を優先させます。

理解することで問題を解けるならば、その理屈をしっかりと学び、考えるようにします。それ以外の、どうしても覚えなければならないものには、「記憶のフック」をつけていきます。「記憶のフック」とは、思い出すための取っ掛かりのようなものです。

語呂合わせや、無理やり作ったダジャレ、あとはWikiなどで調べた雑学などと一緒に覚えると、思い出す手がかりになります。

4) できるだけ「塊」で覚える

これは3)とも関連しますが、一つの事柄を覚えようとしても、なかなか覚えるのは難しいです。

メモリーツリーのようにして、一つの事柄から派生したものと一緒に、体系的に覚えるようにすると、たとえ忘れても芋づる式に思い出すことができるはずです。

たとえば英単語で言えば、同じような意味の言葉をまとめて覚えたり、同じ接頭語の単語をまとめて覚えたりするということですね。

5) ブログやSNSでアウトプット

アウトプットすると覚えますので、簡単な備忘録的な記事をブログで書いたり、ツイッターでつぶやいたりすることで、記憶の定着を図ります。

ただ、あまり記事を書くのに時間をかけ過ぎるのは本末転倒なので要注意です。

また、友人同士でクイズを出し合って確認することもオススメです。

以上です。
ポイントは
・過去問をとにかく解く、繰り返す。
・要点をメモに残す
・ただ覚えるのではなく、理解を優先させたり、記憶するための工夫を
ということです。

医学生の中でも、記憶力が抜群によくて、なんでも覚えちゃうという人は稀です。ただ、覚えるための工夫が上手かったり、復習を繰り返す手間を惜しまない人が多い人が多い、と思います。

 - 生活