日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

クンストハル美術館から消え、燃やされてしまったピカソらの名作7点とは

      2015/11/05

オランダ・ロッテルダム(Rotterdam)のクンストハル(Kunsthal)美術館から昨年10月、わずか90秒足らずの間に盗みだされたパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)やクロード・モネ(Claude Monet)などの7作品が、容疑者の母親によって燃やされていたことが判明しました。

今年1月に逮捕されたラドゥ・ドガル(Radu Dogaru)被告の母親は「証拠を隠滅」するため、総額1億ユーロ(約130億円)を超える作品を自宅のかまどで燃やしてしまったそうです。

失われてしまった絵画は、以下の7点です。
・パブロ・ピカソ:Tête d’Arlequin’ (1971)
stolen-pablo-picasso-tte-darlequin-1971-1350670168

・ヘンリ・マティス:La Liseuse en Blanc et Jaune (1919)
tumblr_mc0s64MJ5V1rz307wo1_1280

・クロード・モネ:Charing Cross Bridge, London (1901)
ambrvoll_20

・クロード・モネ:Waterloo Bridge, London (1901)
monet_waterloo_bridge_542

・ポール・ゴーギャン:Femme devant une fenêtre ouverte, dite la Fiancée (1988)
Paul_Gauguin-Femme_devant_une_fenetre_ouverte_dite_la_Fiancee

・メイヤー・デ・ハーン Autoportrait (circa 1889 – ’91)
4317656-3x4-700x933

・ルシアン・フロイド Woman with Eyes Closed (2002)
woman-with-eyes-closed

 - 社会, 芸術 , ,