日々は疑問に満ちている

ITやスマホ、お金・節約にまつわる疑問を解決していくサイトです。

「フリーケア・プログラム」の保険のカラクリとは

      2015/11/05

本日、楽天カード株式会社から、楽天カード フリーケア・プログラム『無料プラン』なるもの案内が届きました。

このプランにご加入いただくと、交通事故などで5日間以上入院された場合に、入院一時金保障として30,000円をお受け取りいただけます。保険料は弊社が負担いたしますので、会員ご本人様の負担は一切ございません。保証期間は3年となります。

とのことです。

「無料」と言われると、魅かれるとともに、その一方で怪しんでしまう人も多いようです。検索すると、入るかどうか、悩む方も多くみられました。さらに、このシステムの裏側にはどんなことがあるのか、調べてみることにしました。

OK wave:
楽天KCフリーケア・プログラム

とても、これでは足りないので、追加の保障をしてください……というのが、チューリッヒ保険会社の本音です。しかも、フリーケア・プログラムに申し込むことで、住所・氏名・年齢などの情報がチューリッヒ生命に登録されることになります。

楽天とすれば、このようなサービスを付加することで、顧客の解約防止になる。また、チューリッヒ生命の保険に契約してもらえれば、楽天カードからの引き落としとなる可能性が高いので、手数料が入ってくる、という訳です。

なるほど、そういうカラクリがあるわけですね。

最近多い「フリーケア・プログラム」とは何ぞや?

追加で数千円払えば、さらに手厚い補償がある「追加補償プラン」もある点を考慮してみる。これは月払いの保険。無料プランと有料プランを並べて記載し、補償の差を見せつけてそっちへの勧誘することが目的の一つなのだろうか。

あとは、一般的に考えられる「名簿の入手」。保険に興味はあるが契約はしておらず、無料ならとりあえず入ってみるかなといった人など、潜在的な保険勧誘して加入しそうな人の名簿が簡単に手に入る方式ではある。

仮に申し込むと、さらなる保険の勧誘がじゃんじゃん来る可能性は高い。割り切って断れる人はいいだろうけど、意思が弱い人ならあれよあれよで契約させられてしまいそうだな・・・

こちらも、同様なことを仰ってるようですね。

まとめると、
保険会社のメリットとしては、
1) 顧客情報が得られる。
2) 追加補償を考える人が出てくる可能性

カード会社からすると、
1) 保険料をカードで払ってもらえる可能性がある。

ということのようです。
一方、加入者からすると、
・入院やケガをした際、保険料無料でちょっとした足しになる。
・保険に関する情報提供が得られる(一方で、スパム的なメールがくる可能性もあり)。
ということが挙げられるようです。

ちなみに、私はすでに保険に入っており、このような情報を知るに至り、加入をやめました。もし迷ってらっしゃる方は、十二分にお考えいただき、加入をご検討されてはいかがでしょうか。

 - 生活, 社会 , ,